動画詳細

道内上空に寒気 横津岳で初冠雪

(2019/11/08)
 道内は11月8日、上空に11月下旬から12月上旬並みの寒気が入り込んだ影響で冷え込みが強まった。札幌管区気象台によると、全道173観測地点のうち137地点で最低気温が0度未満の冬日だった。渡島管内七飯町の横津岳(1167メートル)では8日午前8時、今季の初冠雪を観測した。函館地方気象台によると、平年より14日、昨年より9日遅い観測となった。横津岳の登山道では8日朝、地面や草木にうっすらと雪がかかり、登山客らは白い息を吐きながら山頂を目指していた。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る