動画詳細

次世代に伝えるアイヌ古式舞踊 阿寒湖温泉で「まりも祭り」

(2019/10/10)
第70回まりも祭りの節目を記念した特別公演「アイヌ古式舞踊の現在、そして未来」が9日、阿寒湖アイヌシアターイコロで上演された。まりも祭りは1950年に始まり、道内外のアイヌ民族が歌や踊りを披露してきた。この日は東京、札幌などから踊り手約30人が参加した。前半は阿寒の踊り手が座り歌を歌い、伝統楽器のムックリ(口琴)を演奏。後半は東京五輪・パラリンピックで伝統舞踊の披露を目指す全道の若手が中心となり、道内各地に伝わる鶴の舞などを演じた。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る