動画詳細

<迫>上士幌で十勝石の観察会 「花十勝」やしま模様入りも

(2019/10/08)
 上士幌町のひがし大雪自然館が10月5日、町内を流れる居辺川の河川敷で「親子自然観察会、十勝石編」を開催した。十勝石とは黒曜石のことで、粘り気の高いマグマが急冷してできるガラス質の石。居辺川で見つかる十勝石は主に十勝三股産のもの。約200万年前の噴火で形成され、割ると鋭利な縁ができやすい。赤い色が入った「花十勝」やしま模様が入ったものもある。観察会には親子約30人が参加。学芸員が十勝石には「爪でかいたような跡がいっぱいあるよ」とアドバイスすると、子供たちは河原に散らばり、次々と石を見つけ出した。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る