動画詳細

古い森町 記録鮮やか 昭和10年代の8ミリ映像見つかる

(2019/10/08)
 森町内で会社を経営する落合春海さん(71)が、自宅で保管していた昭和10年代に同町で撮影された動画をデジタル化した。90分の映像には「森町大火」(1961年)で消失した街並みや当時の人々の暮らしが収められ、専門家は「道内でこの年代に撮影された映像が見つかるのは非常に珍しい」とする。映像には肥料用のイワシが大量に水揚げされる沿岸や、森尋常高等小学校(現森小)の運動会などが収められる。横綱が森町に巡業で訪れた場面も。映像は1938年(昭和13年)前後に落合さんの親戚男性(故人)が個人的に撮影した。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る