動画詳細

戦前の渡島を伝える新聞 森町の赤崎さん収集 理髪店で公開

(2019/09/06)
 森町内森川町で理髪店を経営する赤崎倭文雄(しずお)さん(84)が30年かけて収集した戦前の新聞を、店を訪れる客たちに公開している。いずれも森町など渡島地方で発行されたもの。赤崎さんは30年ほど前に、ごみ捨て場に戦前に発行された新聞が無造作に捨ててあったことに目を留め、「いつか資料として役に立つのでは」と収集を開始。渡島地方で発行された地域紙を中心に、全国紙や雑誌など戦前の資料を集めてきた。そして今年7月から、自分のコレクションのうち、渡島地方の8紙約30部を店内に置き始めた。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る