動画詳細

被災地厚真の林業、再生担う <現在を撮る>

(2019/05/20)
大型連休目前の4月25日、胆振管内厚真町の丹羽林業では、昨年9月の胆振東部地震で失った重機の後継機が納車され、安全祈願が行われた。現場で重機を操る河村勇治専務(69)が車体を日本酒で清めた。林業が盛んな厚真、安平、むかわの胆振管内3町では、地震で山林約4300ヘクタールが被害を受けた。苦しい状況の中、復興に向けて黙々と作業を続ける同社の林業者たちを追った。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る