動画詳細

約60年ぶり大規模「群来」 羽幌

(2019/05/15)
 ニシンの産卵で海面が白く染まる「群来(くき)」が5月14日午前、羽幌町内の沿岸で確認された。羽幌沿岸の群来は60年以上ぶりとみられる。はぼろサンセットビーチ南端の幸町から栄町にかけて2キロ前後、海岸線から沖合へ約500メートルで乳白色の帯が現れた。海岸を見下ろす高台には漁協や町の職員、町民らが次々に訪れ、写真を撮るなどして見入った。今春、留萌、宗谷両管内では4月28日に小平町鬼鹿と礼文町、5月12日には稚内市でも群来が相次いで確認されている。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る