動画詳細

「ホスピタル・クラウン」に理解を 札幌で報告会

(2019/05/14)
病院を回って闘病中の子供を元気付ける道化師「ホスピタル・クラウン」の活動報告会が5月11日、札幌市中央区のカナモトホールで開かれた。活動をサポートしている親子連れら約20人が、皿回しなどのパフォーマンスを体験しながら、活動への理解を深めた。NPO法人「日本ホスピタル・クラウン協会」(名古屋市)が主催。クラウンは真っ赤な鼻とカラフルな衣装がトレードマークで、全国で110人が活動している。会合では道内のクラウン6人が手品やジャグリングを披露し、親子連れが皿回しや風船作りを体験して楽しんだ。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る