動画詳細

「お宝」触れて実感 札幌「山の手博物館」

(2019/04/26)
鉱石を手に取って体感することができるのが「山の手博物館」(札幌市西区)だ。2004年、建設コンサルタント・HRS社長の鈴木哲夫さんが、私費を投じて開設した。「積丹ルビー」など北海道内の珍しい鉱石を中心に数万点を収蔵する。地階は地質調査に欠かせない地図と測量機器を展示。床一面に広がる北海道地図で、大雪山系や日高山脈などの雄大さを実感できる。理事の内山幸二さんは「貴重な資料を保存しているので是非来館を」と話す。午前10時~午後5時、入館料大人210円、小中高生100円。休館日はホームページで確認を。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る