動画詳細

函館にコウノトリ2羽 兵庫から飛来

(2019/04/19)
函館市西桔梗地区で4月18日、国の特別天然記念物のコウノトリが2羽飛来した。コウノトリの繁殖と放鳥を行っている兵庫県立コウノトリの郷公園によると、いずれも2歳の若鳥で、この年齢のコウノトリが集団行動をするのは珍しいという。同公園によると、この2羽は足輪の色から、兵庫県で放鳥されたオスと同県内の人工巣塔で生まれたメス。同公園は「年齢的に2羽はつがいではなく、集団行動は珍しい」と話す。2羽は同地区の商業施設上空を飛んだり、畑や電柱の上で羽を休め、細長いくちばしで白黒の羽の毛づくろいをしていた。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る