動画詳細

雪壁眺めのんびり 知床横断道でウオーク

(2019/04/16)
大型連休前の開通を目指して除雪作業が行われている知床横断道路(国道334号)を歩く「知床雪壁(ゆきかべ)ウオーク2019」(実行委主催)が4月14日、羅臼町とオホーツク管内斜里町の2コースで行われた。羅臼側のコースには道内外から約200人が参加し、道の駅知床・らうす前から知床峠の手前2キロのスタート地点までバスで移動。コースは上り1キロ、下り9キロで、最高7メートルにもなる雪壁の間を歩き、ロータリー車による除雪作業を見学したり、雪壁や国後島をバックに写真撮影を楽しんだりしながらゴールを目指した。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る