動画詳細

名残の冬を楽しむ 藻岩山スキー場まつり

(2019/03/11)
札幌藻岩山スキー場まつりが3月9日、札幌市南区の同スキー場で開かれた。4月中旬並みの暖かさの中、親子連れがタイヤ形チューブに乗ってゲレンデを滑り降りる「チューブスライディング」などに歓声を上げ、名残の冬を楽しんだ。スキー場を運営する「りんゆう観光」(札幌)の主催。41回目の今回は、圧雪車の乗車体験を初めて実施した。初心者向けのスキーレッスンや、丸太を使ったキャンドル作りにも大勢の市民が参加した。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る