動画詳細

流氷まつり笑顔弾ける 網走に高さ5メートルの滑り台

(2019/02/12)
第54回あばしりオホーツク流氷まつり(実行委主催)が2月9日から11日まで、網走市の網走商港埠頭会場で開かれた。人気漫画「ゴールデンカムイ」のキャラクターを模した雪像などが並び、冬晴れの中、家族連れらでにぎわった。会場には、ピサの斜塔やパトカーなどをイメージした雪像と氷像計34基に加え、雪で造られた高さ約5メートルの巨大滑り台や巨大迷路が登場。精巧な造りの雪像の前で記念写真を撮影する人の姿や、滑り台で絶叫する子どもたちの姿が見られ、来場者は網走の冬を満喫していた。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る