動画詳細

海に浮かぶジュエリーアイス 豊頃・大津沖で初クルーズ

(2019/02/07)
 氷塊「ジュエリーアイス」が漂着する豊頃町大津海岸の沖合で、船上から朝日などを楽しむ「ジュエリークルーズ」が2月6日、初運航された。大津漁協所属で遊漁船などを営む本間孝明さん(60)が、今季から予約制で企画。音更町の70代夫婦から予約が入り初運航した。午前6時10分に大津漁港を出港し、大津沖約1キロの地点でジュエリーアイスのもととなる幅2~3メートルほどの大きな氷塊1個が浮いているのを確認。潮流の境目に沿って一直線に浮く数十個の氷塊を見つけ、乗客らは夢中で写真撮影するなどしてクルーズを満喫した。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る