動画詳細

地下鉄駅で「虹と雪のバラード」 電車到着時にメロディー

(2019/02/05)
 札幌市は2月4日、1972年札幌冬季五輪のテーマ曲「虹と雪のバラード」をアレンジした到着メロディーの放送を、市営地下鉄の南北線真駒内や大通、東西線円山公園などで始めた。2030年の冬季五輪・パラリンピックの招致機運を高める狙い。乗客に地下鉄の接近を伝え、注意を促すアナウンスの後に、サビ部分「生まれかわる サッポロの地に きみの名を書く オリンピックと」が電子音で10秒間ほど流れる。歌詞は入っていない。4日は南北線と東西線の各11駅で開始。東豊線は環状通東、新道東など4駅で6日から放送する。
ページの先頭へ戻る