動画詳細

流氷、網走沖110キロに 海保が航空機から今季初観測

(2019/01/10)
第1管区海上保安本部(小樽)は1月10日、オホーツク海で今季初めて航空機からの流氷観測を行った。南端が網走市の北約110キロ付近にあると確認した。
ページの先頭へ戻る