動画詳細

豊平館の内部を探検 小学生向けツアー開始

(2019/01/10)
国指定重要文化財である豊平館(札幌市中央区中島公園)で1月9日、建物内を見て回る、小学生向け「探検ツアー」が始まった。普段は見学できない屋根裏や地下倉庫も巡れるとあり、好奇心旺盛な小学生が参加した。豊平館は、開拓使が1880年(明治13年)、北1西1にホテルとして建てた洋風の木造建築で、地下1階、地上2階建て延べ約千平方メートル。1958年に公園内に移され、結婚式場としても利用されている。大島光明館長が明治天皇が泊まった室内の状況や、しっくいの天井かざりが部屋によって違うことなどを説明した。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る