動画詳細

復興見守るフクロウ 厚真神社

(2019/01/10)
胆振東部地震から4カ月。復興が進む胆振管内厚真町の厚真神社にエゾフクロウのつがいがいる。2羽は連れだって町を見守るように、静かに境内のアカマツの枝に止まっている。エゾフクロウが訪れるようになったのは9年前から。春にはかわいらしいひな鳥も見ることができるという。今も参道の鳥居は崩れたまま、復旧の道のりは遠いが「フクロウは福を呼ぶ鳥。地震があった神社の、こんな近くで見られるなんて」とカメラを片手に訪れる参拝客が絶えない。社務所には「がんばれ」という励ましのメッセージが所狭しと貼り付けられていた。
ページの先頭へ戻る