動画詳細

「秩父別はカネのなる町」 桂三段さんが新作披露

(2018/11/03)
札幌市清田区の落語家桂三段さんが10月28日、米どころの空知管内秩父別町で地域の特徴が題材の新作落語を披露した。地方の魅力と不便さを織り交ぜた展開に、町民の笑い声は絶えなかった。吉本興業の地方活性化企画「住みます芸人」の一環。三段さんは19日から町内で生活し、町民と交流しながら、都会からの移住を検討する男性に町民が魅力を説く筋を練り上げた。男性は、移住後の収入を心配する。田んぼが広がる秩父別は、開拓時代から鐘を鳴らして時間を知らせる伝統がある。ためらう男性の背中を押す町民の口説き文句は、「鐘のなる町」にかけて「秩父別は金のなる町だよ」
ページの先頭へ戻る