動画詳細

新型札幌市電シリウス運行スタート

(2018/10/29)
札幌市の路面電車(市電)に導入された新型低床車両1100形「シリウス」の運行が10月27日、始まった。路線周辺では、市電愛好者や親子連れがカメラを構えるなどしてにぎわった。低床の新型車両は、2013年に3台導入した「ポラリス」(北極星の意)以来4台目。おおいぬ座の星の一つの名を愛称としたシリウスは、白と黒を基調とした外観はポラリスと同じだが、車内の通路幅が1.5倍広いのが特長だ。29日から通常ダイヤで運行する。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る