動画詳細

ゾウ舎は屋内プール完備 円山動物園が公開

(2018/10/11)
札幌市円山動物園に、年内にミャンマーから来るアジアゾウ4頭が暮らすゾウ舎が完成した。ゾウの入園を前に10月10日、報道向けの内覧会が行われた。展示飼育面積は屋内約2200平方メートル、屋外約3千平方メートルで国内最大級。総工事費は約30億円。屋外展示場は緩やかな勾配があり、さまざまな場所からゾウの観覧が可能で、ゾウも運動ができる。冬でも水浴びできるよう、国内初めての屋内プールを設置した。ゾウが泳いでいる姿をガラス越しに観察できる。ゾウの一般公開は3月ごろ。
ページの先頭へ戻る