動画詳細

ディスク投げ技競う 北海道障害者大会に357人

(2018/10/10)
第24回北海道障害者フライングディスク大会(道障害者フライングディスク連盟主催)が10月6日、札幌市東区の「つどーむ」で開かれ、道内各地の選手357人が飛距離や正確さを競い合った。ディスクの飛距離を競う「ディスタンス」と、直径約90センチの輪に投げ入れる「アキュラシー」の2種目を実施。小学生以上の障害者と健常者が参加し、楽しみながら技を披露した。
ページの先頭へ戻る