動画詳細

ミンククジラ水揚げ 釧路沖 調査捕鯨始まる

(2018/09/11)
【釧路】太平洋沿岸のミンククジラの生態を調べる今年の釧路沖での調査捕鯨が9月9日始まり、釧路港に同日、1頭目が水揚げされた。地域捕鯨推進協会(福岡)などでつくる鯨類科学調査団は10月末までに、計29頭の捕獲を目指している。台風の接近や胆振東部地震による停電の影響で、予定より4日遅れて民間調査船計5隻が9日午前5時半に釧路港を出港。午前8時、同港の南東約16キロで捕獲した体長約5.5メートル、体重約2トンの雄を水揚げした。釧路市内の水産加工場で解体調査された。肉は11日にも市内の鮮魚店で販売される。
ページの先頭へ戻る