動画詳細

カレー500食 レバンガが炊き出し 胆振東部地震

(2018/09/10)
バスケットボール男子Bリーグ1部のレバンガ北海道の選手らが9月8日、胆振東部地震の被災地への支援活動を行った。レバンガは、チーム事務所に近い札幌市厚別区のパチンコ店前でカレーライスの炊き出しを行い、8選手とコーチらが約500食を振る舞った。周辺には電気や水道が止まり、不便を強いられた集合住宅もあり、折茂武彦・選手兼代表は「北海道に、たくさんの勇気を頂いている。復興に協力したい」と述べた。
ページの先頭へ戻る