動画詳細

厚真で斜面数百メートル崩落 北海道で震度6強

(2018/09/06)
9月6日午前3時8分ごろ、道央を中心に北海道の広い範囲で強い地震があり、胆振管内安平町で震度6強を観測した。札幌管区気象台によると、震源地は胆振地方中東部で、震源の深さは約37キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・7と推定される。気象台によると、道内で震度6強は現行の震度階級になった1996年以降、最大という。胆振管内厚真町吉野では山林の斜面が数百メートルにわたって崩落し、土砂崩れで複数の家屋が倒壊。少なくとも19人と連絡が取れていないという。
ページの先頭へ戻る