動画詳細

若手ダンサー育成30周年 札幌芸術の森バレエセミナー

(2018/09/03)
今年で開講30周年を迎えた札幌芸術の森バレエセミナーが8月上旬、札幌芸術の森で開催された。30年間で延べ5千人以上が受講、熊川哲也さんら国内外で活躍するダンサーを輩出してきた。今年は、昨年を大幅に上回る延べ171人の受講生が道内外から参加した。セミナーは若いダンサーの育成のために1988年に開始。16年からはパリ・オペラ座バレエ団のエトワール(最高位)だったスペイン国立ダンスカンパニー芸術監督のジョゼ・マルティネズさんを主任講師に招いた。また、プロとしてのスタートを後押しする取り組みも始めた。
ページの先頭へ戻る