動画詳細

ドローン操縦にドキドキ 札幌で体験教室

(2018/07/17)
小学生を対象にドローンのプログラミング教室が開かれた。多種多様なスポーツとカルチャーを体験するイベント「スポカル」の種目の一つとして、超小型ドローンの飛行とプログラムを体験を主な目的に、7月16日に真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(札幌市南区)で行われた。教室は1回当たり30分で、およそ150人の親子が最新のドローンを操作した。「屋内で安定して飛行できるドローンが今年発売され、天候に左右されずこのような教室が開催できるようになりました」と講師の長岡未来さんは話す。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る