動画詳細

道内初「サウンド・オブ・ミュージック」7日初日 劇団四季

(2018/07/07)
劇団四季の道内初演目となるミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の札幌公演が7月7日午後1時、札幌・北海道四季劇場(中央区大通東1)で初日を迎える。第2次世界大戦直前のオーストリアを舞台に、家族が愛と音楽で結ばれていく物語。一家の子供7人のうち長女を除く6人の子役を、道内在住の小学1年から中学2年まで計20人が交代で務める。「ドレミの歌」や「エーデルワイス」など、なじみのある曲を数多く歌う。マリア役は、東京公演から2年ぶりとなる平田愛咲らが演じる。10月28日まで計107公演を予定している。
ページの先頭へ戻る