動画詳細

「挑戦状」と「応戦状」応酬 北大と樽商大の対面式

(2018/07/02)
北大と小樽商大の応援団による「対面式」が7月1日、札幌市北区の北大ホッケー・ハンドボール場で開かれ、羽織はかま姿の団員が檄文や演舞によるにぎやかな応援合戦を繰り広げた。対面式は野球の定期戦に合わせて札幌と小樽で交互に開催され、今年で104回目を迎えた伝統行事。ハイライトの両校団長による「挑戦状」と「応戦状」の応酬では、樽商大の山賀大団長が「一丸となった商大生の力で北大を圧倒しようではないか」と読み上げると、北大の辻想一郎団長は「応援にほとんど行かない応援サークルに負けるわけはない」とやりかえす。
ページの先頭へ戻る