動画詳細

極限の薄さに挑戦 岩見沢でかんな削り大会

(2018/07/02)
【岩見沢】かんなで削った木の薄さを競う「削ろう会」が7月1日、市内のイベントホール赤れんがで開かれた。岩見沢での開催は初めて。道内外の大工や高専生ら約50人が出場し、腕を競った。道内の大工らでつくる「大工ネットワーク北海道」の主催。大工同士の親睦を深め、大工仕事の技術向上を目的に開催した。競技では何度も木を削ることはできるが、薄さの計測は3回まで。中には8ミクロン(1ミクロンは千分の1ミリ)の薄さに削りだした人も。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る