動画詳細

知床沖、シャチに歓声 観光船からウオッチング

(2018/06/21)
 世界自然遺産の知床の沖合で、シャチが海面に姿を現し、迫力ある体格と愛嬌のある動きで観光客を楽しませている。6月21日午前は、羅臼町の沖合約9キロでシャチ3頭が観光船「エバーグリーン」に近づいてきた。警戒する様子もなく、船の周囲で海面から顔を出したり、潮を吹いたりしていた。小さくジャンプすると、船上で「おお」と歓声が上がった。エバーグリーンの長谷川正人船長(56)によると、シャチに遭遇しやすいのは例年4月から7月上旬という。
ページの先頭へ戻る