動画詳細

日本遺産の光間近に 小樽・日和山灯台 3年ぶり公開

(2018/06/11)
小樽海保は6月9日、小樽市祝津3の日和山灯台を3年ぶりに一般公開した。市内外から約120人が参加。普段は立ち入れない灯台からの景色に見入っていた。日和山灯台は1883年(明治16年)の建設で、納沙布岬灯台(根室)に次いで道内2番目に古い。今年5月に小樽市が追加認定を受けた日本遺産「北前船寄港地・船主集落」の構成文化財の一つとなった。一般公開は同海保の職員が案内し、灯台の間近で光源を観察した。
ページの先頭へ戻る