動画詳細

<室蘭駅かいわい>4 栗林家の隆盛伝える

(2018/05/20)
<まちのものがたり>恵山苑(常盤町)は、栗林商会を創業した故栗林五朔(ごさく)氏が、自宅兼来賓宿泊所として1909年(明治42年)に建設した。宮大工を新潟から呼び寄せて建てた。1本のくぎも使わない宮造りの手法を採用。建物の名称は五朔氏の雅号にちなんで命名された。現在は栗林商会の厚生施設として研修などに使われる。栗林商会社長の栗林和徳さん(59)は「いわば栗林グループの“聖地”といったところでしょうか」と語る。日本製鋼所の迎賓館「瑞泉閣」と並ぶ室蘭の歴史的建造物として知られ、栗林家の隆盛を今に伝え続けている。
ページの先頭へ戻る