動画詳細

<室蘭駅かいわい>2 歴史刻む建物 市民見守る

(2018/04/29)
<まちのものがたり>観光案内所として使われている旧室蘭駅舎(海岸町1)は1912年に建設され、道内の駅舎では最古の木造建築物。4方向に傾斜する屋根を備えた「寄せ棟造」で、明治の洋風建築のたたずまいを今に伝える。また、1階の天井には竜や鳳凰と思われる絵が描かれている。多田薬局(中央町3)は1907年創業。店舗の一部の倉庫は25年に建てられたもので、スクラッチタイルと呼ばれる特殊タイルが外壁に使われている。漢方薬を保管する木製棚は完成時からの備え付け。サルの頭蓋骨やサイの角など創業当時からと思われる品々が保管されている。
ページの先頭へ戻る