動画詳細

道北の海 トドの怒濤 稚内・弁天島<ドローン撮影>

(2018/04/16)
宗谷岬の約1・2キロ沖合にある無人島・弁天島周辺に、千頭を超すトドが連日集まっている。例年、10月から6月にかけて、ロシアからエサを求めて北海道沿岸にやってくる。弁天島でも毎年姿が見られ、かつては多くても400頭程度だったが、2016年から急増。道立総合研究機構稚内水試(稚内水試)の調査では今年2月下旬に約2500頭が島に上陸し、周辺を回遊するものも含めると6千頭以上を確認した日もあったという。
ページの先頭へ戻る