動画詳細

ゆるキャラがバスケ対決 レバンガの試合で企画

(2018/04/16)
札幌市豊平区の北海きたえーるで4月14日行われたバスケットボール男子Bリーグ1部「レバンガ北海道」の試合会場に、道内12市町村や道などのゆるキャラが登場し、各地の特産品などをPRした。道などが「北海道150年」の機運を高めるために企画。ゆるキャラは北海道新幹線の「どこでもユキちゃん」や檜山管内今金町の「いまルン」、石狩管内当別町の「とべのすけ」など合わせて22体。ハーフタイムにはバスケ対決も。緊張感に包まれていたコートが、ゆるキャラたちのコミカルな動きにしばしの間、“ゆるーい雰囲気”となった。
ページの先頭へ戻る