動画詳細

新幹線ホーム大東案決定 札幌駅 機構、JRなど合意

(2018/03/29)
2030年度末開業予定の北海道新幹線札幌駅のホーム位置を巡り、国土交通省、鉄道建設・運輸施設整備支援機構、JR北海道、道と札幌市は3月29日午前、5者協議を開き、現在の札幌駅から200~300メートル東に造る「大東案」で正式に合意。「現駅案」に比べ、上下線それぞれホームを確保でき、新幹線と在来線の利用客を分けられる上、待合室などを広く取れることが決め手となった。駅舎整備の費用は、国が3分の2、道と市が6分の1ずつ負担。工費は約645億円で、現駅案の約570億円との差額約75億円はJRが負担する。
ページの先頭へ戻る