動画詳細

カラフル 焼き物の動物たち 砂川の内海さん個展

(2018/03/09)
砂川市の陶芸家内海真治さん(69)の個展「ぼくのどうぶつえん」が3月11日まで、札幌市中央区のさいとうギャラリー(南1西3、ラ・ガレリア5階)で開かれている。色も形もユニークな空想の生き物たちが焼き物で表現され、来場者を楽しませている。内海さんは砂川市内にアトリエを構え、約30年にわたって作品を発表してきた。会場では約50点を展示。カラフルな羽の南国風の小鳥や、パズルのような模様の甲羅を背負う亀、人と馬が融合した不思議な生き物もいる。入場無料。午前10時半~午後6時半(最終日は同5時まで)。
ページの先頭へ戻る