動画詳細

浜に活気 越冬タラバ漁 枝幸沖

(2018/03/08)
【枝幸】オホーツク海に春を告げる「越冬タラバガニ漁」が枝幸町の沖合で本格化している。流氷の到来前に仕掛けた刺し網を、流氷が沖合に去った後に引き揚げる宗谷管内沿岸の独特な漁法で、今年も豊漁を期待する枝幸漁協所属の13隻が順次と出漁し、浜は活気づいている。早朝、沖合に仕掛けた網を巻き上げると、大ぶりのタラバガニが次々と船上に上がった。宗谷管内のタラバガニ漁は5月下旬ごろまで続く。
ページの先頭へ戻る