動画詳細

厳冬の鉄路を守る 石北線のラッセル車

(2018/02/27)
道北などで記録的な大雪となった今冬の道内。石北線の旭川―白滝などJR北海道の3区間は毎日除雪が必要なため、ラッセル車が定期運行中だ。JRは雪を飛ばす力が最も強いディーゼル機関車計13台を投入。いずれも1973~83年製。石北線では午後2時前にラッセル車が旭川駅を出発、白滝駅との間を約8時間で往復。時速約50キロ。乗務員は車両先頭の「除雪羽根」を操作し雪を脇に飛ばす。運転席の衛星利用測位システム(GPS)の画面には踏切など障害物の位置が表示される。車窓からは視界不良なだけに、安全運行に欠かせない。
ページの先頭へ戻る