動画詳細

一足早く流氷接岸 斜里町ウトロ

(2018/01/12)
 【斜里】オホーツク管内斜里町ウトロの海岸に1月11日、流氷の一部が接岸した。網走市内の網走地方気象台から肉眼で確認する「流氷初日」「接岸初日」にはならなかったが、地元の観光関係者は一足早い冬の使者の訪れを喜んでいる。同町ウトロの道の駅うとろ・シリエトクを管理する知床斜里町観光協会職員の林典幸さんは午前10時ごろ、ウトロ沖に帯状の流氷が浮かんでいるのを見つけた。同気象台によると、今回ウトロに到達した流氷は本体からはぐれたものとみられる。同気象台の流氷初日の平年は1月21日で、昨年は1月31日。
ページの先頭へ戻る