動画詳細

ほたてかまぼこの生産ピーク 紋別の出塚水産

(2017/12/06)
紋別市内のかまぼこ製造「出塚水産」(出塚容啓社長)で、オホーツク海産のホタテ貝柱が丸ごと入った「ほたてかまぼこ」の製造がピークを迎えている。同社は1930年創業。ほたてかまぼこは86年に販売を開始した人気商品で、スケソウダラのすり身にオホーツク海で採れたホタテの貝柱を丸ごと1個包み込み、蒸した後に表面を軽く焼き上げて完成させる。通年で製造しているが、この時期は、多い日には一日で普段の5倍に当たる4~5千個を製造する。1個486円。申し込み、問い合わせは同社(電)0120・04・2012へ。
ページの先頭へ戻る