動画詳細

「冨貴堂」「五番舘」… 紙に宿る昭和の記憶 札幌で展示会

(2017/12/04)
道内の企業や店舗が昭和時代に使っていた包装紙や菓子箱、酒のラベルなど約300点を集めた展示会が、札幌市中央区の紙専門店ペーパーショップサクマ(南1東4)で開かれている。大型書店「冨貴堂」や百貨店「五番舘」、狸小路商店街の模型店「中川ライター店」―。持ち主は札幌市西区のグラフィックデザイナー市川義一さん(74)で、半世紀前に亡くなった札幌市の商業図案家が、仕事の参考資料として集めたものという。入場無料で、12月8日まで。午前10時~午後7時(土曜は5時まで)。日曜祝日休。
ページの先頭へ戻る