動画詳細

温泉ぽかぽか サルうっとり 湯の川

(2017/12/01)
函館市熱帯植物園(函館市湯川町3)で12月1日、毎冬恒例となっている「サルの温泉入浴」が始まった。ニホンザル約80匹が住むサル山のプールに湯の川温泉の湯が満たされ、うっとりとしたサルたちの表情が観光客らの目を楽しませている。サルの温泉入浴は、開園翌年の1971年から毎年行われている。この日朝の函館の最低気温は2月下旬並みの氷点下5・6度と、今季一番の冷え込みに。雪が舞う中、20匹前後が湯温約40度の温泉を満喫していた。来年5月6日まで。
ページの先頭へ戻る