動画詳細

松前沖に北朝鮮船か 船内に防寒着姿の人影

(2017/11/29)
第1管区海上保安本部(小樽)は11月29日午前9時半ごろ、渡島管内松前町の南西沖の無人島、松前小島周辺の海域で国籍不明の木造船が漂っているのを上空から発見した。現場に向かった巡視船が、複数の乗員を確認した。北朝鮮の漁船と形状が似ており、船内を立ち入り検査する。島に船が漂着しているとの情報を受け、28日午後から捜索していた。29日午前11時ごろ、松前町の南西沖の無人島、松前小島の周辺海域を飛んだ航空機からは、警戒監視する海上保安庁の巡視船2隻も確認することができた。木造船は目測では全長20メートルくらいの黒色で屋根のようなものが付いた構造。少なくとも船内に4人の人影を確認でき、そのうち3人はくすんだ色の防寒着を着ていた。
ページの先頭へ戻る