動画詳細

<2020年夏の十勝農業> 無人トラクター

(2018/01/01)
2018年、十勝の農業は情報通信技術(ICT)を活用した自動化が一気に進もうとしている。国際競争を勝ち抜く上で低コスト化は欠かせない。衛星利用測位システム(GPS)による自動運転や、1人で2台のトラクターを操る機械化、ドローンによる自動適量農薬散布など、人間の役割を代替できる可能性は十分にある。東京五輪・パラリンピックが行われる2020年。アニメや小説の世界にしか存在しなかった「未来の農業」が、手の届くところまで来た。
ページの先頭へ戻る