動画詳細

自動車進化形 競演 5日まで東京モーターショー

(2017/11/02)
東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の「東京モーターショー2017」(11月5日まで)では、国内外のメーカーが自動運転機能や人工知能(AI)を組み込んだ最新の計371台を披露している。電気自動車(EV)の開発競争が過熱する中、「100年に一度の転換期」とされる自動車産業の最先端を体感できる空間だ。今回の展示車両の一部は、来年1月19~21日に札幌ドームで開かれる「札幌モーターショー2018」(実行委主催)に出展される。自動運転機能を活用した新交通システムなどさまざまな構想も展示される予定だ。
ページの先頭へ戻る