動画詳細

料理だしの自販機 札幌中心部に登場 広島の企業が設置

(2017/10/13)
 お茶かと思ったら、だし汁入りのペットボトルがずらり―。珍しいだし汁の自動販売機が10月10日、札幌市中央区の3カ所に登場し、市民らの注目を集めている。商品は二反田醬油(広島県江田島市)が製造する、しょうゆ味の「だし道楽」(500ミリリットル、700円)。宗田節入りと焼きあご(トビウオ)入りの2種がある。うどんの汁なら7~8倍に薄め、卵かけご飯はそのままかけるのがお勧め。同社は気軽に買ってもらおうと、だし汁自販機を全国で展開、札幌市内では北3西2、北1西5、大通西5の時間貸し駐車場に設置した。
ページの先頭へ戻る