動画詳細

景色も食事も満喫 レストランバス 調理は車内で

(2017/09/13)
 札幌市中心部などで今月末まで運行している調理場付きの2階建てバス「レストランバス」の内部が9月12日、札幌市中央区の道庁赤れんが庁舎前庭で公開され、高橋はるみ知事が試乗した。バス1階の調理場で2人の料理人が道産食材を調理し、和牛の山椒焼きなどのコース料理が2階の客席(定員25人)に並べられた。道内で初めて導入した網走バス(網走市)は、7月からオホーツク管内を皮切りに観光ツアーを始めた。札幌中心部では8月中旬から運行しており、9月30日で今季の道内での運行を終了。来年度以降も運行を続ける考えだ。
ページの先頭へ戻る