動画詳細

平和への願い鐘に込め 札幌で「9・9・9・9平和の鐘」

(2017/09/12)
9が四つ並ぶ9月9日午前9時9分に、憲法9条に思いをはせて鐘をつく「9・9・9・9平和の鐘」が、札幌市中央区の大光寺で行われた。約30人が参加し、平和への祈りを込めた。札幌の市民団体「くらしの9条の会」が主催し、今年で11回目。参加者は憲法9条の条文を暗唱し、一人ずつ鐘をついた。同会の深沢敦子事務局長(76)は「憲法を変えようとする動きは、止めなければならない。私が元気なうちは毎年続けたい」と語った。この日は、同市中央区の聖マーガレット教会や、千歳市の秀法寺などでも同じ時刻に鐘をついた。
ページの先頭へ戻る